ABEJA Platformの機能について

このページではABEJA Platformの機能について説明します。

ABEJA Platformは、機械学習に必要な各タスクに対し機能を提供しています。

データレイク


  • データを保管・取得を実施するための機能
  • データソース機能により、API経由でデータの入出力が可能
  • アノテーションツールとの連携により、効率よく教師データ作成が可能
  • スキーマ機能と連携により、入力データのバリデーションも可能

アノーテーション


  • テンプレートの選択、ラベルの設定、データセットへの書き出しまでGUIで実施可能
  • 画像・音声・動画・テキストなど復数のテンプレートに対応
  • レビュー機能により、ワーカーとレビュワーといった役割ごとでの作業分担を実施可能
  • 事前推論機能にも対応

データセット


  • データレイクにアップされた実データやアノテーション済みのデータを管理
  • すでにアノテーション済みのデータも保管可能

学習


  • 学習ジョブ・パラメータなど管理/実行状況/精度結果をGUIで一括管理
  • 各種フレームワークを利用可能
  • Jyupyter Notebook
  • ローカル学習機能
  • テンプレート機能

モデル / デプロイ


  • モデルのバージョン管理
  • Web APIデプロイメント
  • 複数バージョンのAPIをデプロイ可能
  • Blue/Greenデプロイメント
  • エッジデバイスへのデプロイ

モニタリング / トリガー


  • 学習ログ/Web APIログ
  • メトリクスによるAPIモニタリング
  • トリガー機能による入力データとの連携