プロジェクト作成手順

はじめに

このページでは、アノテーション作業に必要となるプロジェクト作成について説明します。

作成手順

プロジェクトの作成においては、5つのSTEPを経由してプロジェクト情報の登録を行います。

  1. データの格納
  2. アノテーションタイプ選択
  3. アノテーション詳細記載
  4. プロジェクト情報入力
  5. 入力情報の確認

データの格納

データ格納はABEJAPlatformの管理コンソールより実施します。 データアップロード手順を参考に、データレイクにデータを格納します。

アノテーションタイプ選択

アノテーション管理画面のサマリーTOP画面から、「プロジェクト新規作成」を選択します。

アノテーションタイプの選択画面へ遷移します。
画像のアノテーションタイプより実施したいテンプレートを選択ください。

※アノテーションテンプレート毎の詳細はアノテーション テンプレート種類を参照ください。

右下の「次へ」ボタンをクリックしてください。

アノテーション詳細画面に移動します。

アノテーション詳細

スキーマの設定を行う場合は、画面中部の「選択方式によるアノテーション」をクリックしてください。
サンプルのスキーマが表示されます。

※スキーマ情報については、後から変更することはできません。登録の際は、注意して行ってください。

カテゴリを追加・修正する場合は、「Add Category」を選択頂くことで、追加・修正可能です。
ラベルを追加する場合は、「Add Label」を選択で追加可能です。削除は「Delete」を選択してください。

プロジェクト情報

プロジェクト情報画面では、作成するプロジェクトにおける情報を入力します。
入力する情報は以下の項目となります。

Item Description
プロジェクト名 学習データ作成のためのプロジェクト名
目標データ数 学習データ作成に必要なデータの数 (データレイクチャンネルにアップロードしたデータの数)
1データあたりのアノテーション数 1つのデータ(タスク)に対して1人のアノテーションで済む場合は1を設定してください。1つのデータに対して複数人によるアノテーションが必要な場合は2以上〜100までの数値を設定してください。
目標アノテーション数 「目標データ数」×「1データあたりのアノテーション数」
入力データ用 Datalakeチャネル 学習用データを格納しているDataLake Channelをリストから選択します。 DataLake未登録時はリストに表示されません。
結果格納 Datalakeチャネル ※Image Segmentation選択時 Segmentationの結果データ(BMP画像)を送信したいDataLake Channelをリストから選択します。DataLake未登録時はリストに表示されません。
アノテーションなしでも結果送信できるようにする ラベルが含まれていない結果も学習する場合、チェックをいれてください。プロジェクト作成後、修正は不可となります。

※ 「1データあたりのアノテーション数」を2以上に設定した場合は、1データあたりに対応が必要なアノテーション数(アノテーター人数)が設定数分必要になり、結果のデータが重複します。

確認画面

確認画面では、プロジェクト作成において入力した名前や、指定データの最終確認を行います。
本画面を確認し、内容に問題がない場合は、「保存する」ボタンをクリックしてください。

プロジェクト作成と同時に、プロジェクトに対して紐づけたい入力データ用 Datalakeに格納したデータからすぐにタスク生成を実施したい場合は、 画面下部の「作成後すぐにタスク生成を開始する」のチェックボックスにチェックをつけた状態で、プロジェクトを「保存する」ボタンをクリックしてください。

※ここでチェックを忘れても、サマリー画面の対象プロジェクトギアアイコンにある「データの同期」を行うことでタスク生成が行われます。詳細はこちらを参照ください。