create-service

説明

モデルのサービスを作成します。

指定したバージョンの情報を元にサービスが配備され、バージョンで指定したコンテナイメージ環境でプログラムが起動します。

配備には数分の時間を要しますので、コマンド実行後の数分後にエンドポイントにアクセスしてください。

注意事項

サービスはアップデートすることは出来ません。 新しいサービスを作成し、古いサービスを削除してください。

任意のサービスの配備方法

デプロイメントには複数のサービスを作成することができ、 update-endpoint 時に任意のサービスを指定することで新しいサービスにエンドポイントを切り替える、というような Blue Green Deployment を行うことが可能になります。

概要

$ abeja model create-service [--help]
Usage: abeja model create-service [OPTIONS]

  Create http service

Options:
  -d, --deployment_id, --deployment-id TEXT
                                  Deployment identifier  [required]
  -v, --version_id, --version-id TEXT
                                  Version identifier  [required]
  -m, --model_id, --model-id TEXT
                                  Model identifier
  -e, --environment ENVIRONMENTSTRING
                                  Service environment variable
  --instance-type, --instance_type TEXT
                                  Instance type
  --disable-autoscale, --disable_autoscale
                                  Disable autscale. Autoscale is enabled by
                                  default
  --instance-number, --instance_number INTEGER
                                  Number of intances. Available values are 1 to
                                  300. Default is 1
  --max-instance-number, --max_instance_number INTEGER
                                  Max number of intances of autoscaling.
                                  Default is double of instance-number
  --record-channel-id, --record_channel_id TEXT
                                  Channel identifier where input data will be
                                  saved
  --help                          Show this message and exit.

オプション

-d, --deployment_id

create-deployment を作成した際の deployment_id を指定します。

-v, --version_id

create-deployment を作成した際の version_id を指定します。

-e, --environment

環境変数を指定します。登録された環境変数はコードから参照できるようになります。 例)IMAGE_WIDTH:100

--disable-autoscale, --disable_autoscale

作成されるサービスのオートスケールを無効化します。指定しない場合、オートスケールは有効化されます。

--instance-number, --instance_number

実行するインスタンス数を指定します。デフォルトでは 1 が設定されます。

--max-instance-number, --max_instance_number

実行する最大インスタンス数を指定します。指定しない場合、--instance-number の2倍の値が設定されます。

--instance-type, --instance_type

インスタンスタイプを指定します。 指定可能な値は、 cpu-0.25, cpu-1, cpu-2, cpu-4, gpu-1 のいずれかで、デフォルトでは cpu-0.25 が設定されます。 gpu-1はCLIでのみ対応しております。

--record-channel-id, --record_channel_id

入力されたデータを保存する先のチャンネルのIDを指定します。

サービスの作成

コマンド:

$ abeja model create-service --deployment_id 3456789012345     \
                             --version_id ver-2345678901234    \
                             --instance_type cpu-1             \
                             --record_channel_id 5678901234567

出力:

{
  "created_at": "2018-01-01T00:00:00.000000Z",
  "deployment_id": "3456789012345",
  "disruptable": true,
  "instance_number": 1,
  "instance_type": "cpu-1",
  "merged_env_vars": {},
  "metrics_url": "https://p.datadoghq.com/sb/xxxxxxxx",
  "model_version": "broken",
  "model_version_id": "ver-2345678901234",
  "modified_at": "2018-01-01T00:00:00.000000Z",
  "record_channel_id": "5678901234567",
  "service_id": "ser-4567890123456",
  "status": "IN_PROGRESS",
  "user_env_vars": {}
}