init

説明

トレーニングを初期化します。現在のディレクトリにトレーニング設定ファイルとしてtraining.yamlを作成します。

概要

$ abeja training init <name>

引数

<name> トレーニング定義名

デフォルト設定ファイル

name: <name>
# handler: train:handler
# image: abeja-inc/all-gpu:19.04
# params:
#   param1: value1
#   parma2: value2
# datasets:
#   dataset_name1: value1
#   dataset_name2: value2

各項目については、学習設定ファイルを参照してください。

トレーニングを初期化するには

この例ではトレーニングを初期化します。

コマンド:

$ abeja training init training1

出力:

training initialized

作成した設定ファイル training.yaml

name: training1
# handler: train:handler
# image: abeja-inc/all-gpu:19.04
# params:
#   param1: value1
#   parma2: value2
# datasets:
#   dataset_name1: value1
#   dataset_name2: value2