create-job

説明

学習のジョブを作成します。

概要

$ abeja training create-job

引数

学習設定ファイルからパラメータを取得します。

オプション

--version トレーニングのバージョン

--params ユーザパラメータ。フォーマットは Key:value。ユーザは複数のパラメータを入力することができる。 例: --params key1:val1 --params key2:val2

トレーニングのジョブを作るには

この例でトレーニングのジョブを作成します

設定ファイル

name: training1
handler: train:handler
image: abeja-inc/all-gpu:19.04
datasets:
  "mnist": "1111111111111"

コマンド:

$ abeja training create-job --version 1

出力:

{
  "created_at": "2018-02-13T10:14:10.956198Z",
  "job_definition_version": 1,
  "modified_at": ""2018-02-13T10:13:10.956198Z"",
  "status": {
    "active": null,
    "completion_time": null,
    "conditions": null,
    "failed": null,
    "start_time": null,
    "succeeded": null
  },
  "training_job_id": "job-e45bc2647ab74427",
  "user_parameters": {}
}