チャンネル

ABEJA Platform ではデータの入出力を「データレイク」の「チャンネル」というリソースで利用します。

チャンネルは入力用と出力用の2種類利用いただくことを想定した作りとなっています。
データは内部で自動的に複数冗長化しています。

項目 説明
入力用チャンネル データの入力用チャンネル
出力用チャンネル データの結果出力用チャンネル

入力用チャンネルは、トリガーやスキーマの機能を利用することで、ファイル保存時のモデル実行、バリデーション実行の機能が利用可能です。

また、データレイクのチャンネルへデータ送信元として「データソース」機能を利用することができます。
データソース機能を利用することで、チャンネルへのデータ送信を制限することができ、あらかじめ許可されたアクセスのみチャンネルにデータ送信可能です。

チャンネルはデータ送信用だけでなく、送信されたデータを取得するための API も提供しています。

API の詳細については API Reference を参照してください。