create-model

説明

モデルを作成します。モデル作成後に create version でバージョンとモデルを紐付けます。

init_project を指定することで、カレントディレクトリにモデル名のディレクトリを作成し、サンプルコードをダウンロードします。

概要

$ abeja model create-model --name <value> --description <value>
[--init_project]
[--help]

オプション

--name

モデルの識別名を指定します。既存のモデルの識別名との重複が可能です。

--description

モデルの概要説明を指定します。

--init_project

このオプションを指定した場合、カレントディレクトリにサンプルプロジェクトが作成されます。

モデルの作成

この例ではモデルを作成します。

コマンド:

$ abeja model create-model --name "default" --description "default description"

出力:

{
  "created_at": "2017-09-01T00:00:00.000000Z",
  "description": "default description",
  "model_id": "1234567890123",
  "modified_at": "2017-09-01T00:00:00.000000Z",
  "name": "default"
}