submit-run

説明

本コマンドを実行すると、一度だけ --input-operator 及び --input_target で指定された入力チャンネルからデータを取得し、取得したデータに対して --deployment_id 及び version_id で指定されたモデルを適用し、結果得られたデータを --output_service_name 及び --output_service_id で指定された出力先チャンネルへ出力します。

概要

$ abeja model submit-run --help
Usage: abeja model submit-run [OPTIONS]

  Submit run

Options:
-d, --deployment_id, --deployment-id TEXT
                                Deployment identifier  [required]
-v, --version_id, --version-id TEXT
                                Version identifier  [required]
--input_operator, --input-operator TEXT
                                Input oparator.  [required]
--input_target, --input-target TEXT
                                Input target.  [required]
-m, --model_id, --model-id TEXT
                                Model identifier
--output_operator, --output-operator TEXT
                                Output operator
--output_target, --output-target TEXT
                                Output target
--retry_count, --retry-count INTEGER
                                Retry count. By default, retries 5 times.
-e, --environment ENVIRONMENTSTRING
                                Trigger environment variable
--help                          Show this message and exit.

オプション

-d, --deployment_id, --deployment-id

create-deployment コマンドで発行される、deployment_id を指定します。 この識別子(及び --version_id)で指定したモデルを利用して処理を行います。

-v, --version_id, --version-id

create-version コマンドで発行される、version_id を指定します。 この識別子(及び --deployment_id)で指定したモデルを利用して処理を行います。

--input_operator, --input-operator

入力チャンネルのタイプ及びプロトコルバージョンを指定します。 フォーマットは$<チャンネルタイプ>:<プロトコルバージョン> です。 現在対応しているチャンネルタイプ及びプロトコルバージョンは以下のとおりです。

チャンネルタイプ プロトコルバージョン 備考
datalake 1

--input_target, --input-target

入力チャンネルの CHANNEL_ID 及びフィルターを指定します。 フォーマットは <CHANNEL_ID>/<フィルター> です。 現在対応しているフィルターは以下のとおりです。

チャンネルタイプ フィルター 備考
datalake <file_id>

-m, --model_id, --model-id

利用するモデルの Model IDを指定します。

--output_operator, --output-operator

出力先チャンネルのタイプ及びプロトコルバージョンを指定します。 フォーマットは$<チャンネルタイプ>:<プロトコルバージョン> です。 現在対応しているチャンネルタイプ及びプロトコルバージョンは以下のとおりです。

チャンネルタイプ プロトコルバージョン 備考
datalake 1

--output_target, --output-target

出力先チャンネルの CHANNEL_ID を指定します。

--retry_count, --retry-count

Run実行のリトライ回数を指定します。「0-9」までの回数を指定できます。

-e, --environment

環境変数を指定できます。登録された環境変数は実行時に参照できるようになります。 例)IMAGE_WIDTH:100

即時実行する

前提: - [モデル]、[デプロイメント]、及び[モデルバージョン]は登録済みとします - 入力チャンネル/出力先チャンネルは登録済みとします

コマンド:

$ abeja model submit-run --deployment_id 1234567890123 \
                       --version_id ver-1234567890abcdef \
                       --input_operator $datalake:1 \
                       --input_target 2345678901234 \
                       --output_operator $datalake:1 \
                       --output_target 4567890123456 \
                       --retry_count 2

出力:

{
    "created_at": "2020-02-19T00:15:36.458661Z",
    "deployment_id": "1234567890123",
    "distribution": null,
    "input_data": {
        ":1": "2345678901234"
    },
    "model_version_id": "ver-1234567890abcdef",
    "models": {},
    "modified_at": "2020-02-19T00:15:36.458663Z",
    "output_template": {
        ":1": "4567890123456"
    },
    "retry_count": 2,
    "run_id": "run-0182e723d19b47b3",
    "status": "SUBMITTED",
    "trigger_id": null,
    "user_env_vars": {}
}