アノテーションツールの利用

はじめに

本ドキュメントを通じて、 ABEJA Platform の GUI と Annotation Tool を利用してデータセットを作成します。

アノテーションツールを利用したデータセット作成

ここでは、 ABEJA Platform の Annotation Tool を使用して、蓄積した画像にアノテーションを行い、データセットを作成します。

アノテーションプロジェクトの作成

左部メニューの “Annotation” をクリックします。

別画面に遷移するため、そこで “Authorize” をクリックします。

Annotation Tool との連携

次に、遷移した画面の右上から “プロジェクト新規作成” をクリックします。

プロジェクト作成 から “Image Classification” を選択して “次へ” を選択します。

Image Classification プロジェクト作成

次に、”選択方式によるアノテーション” を選択し、 Category 1 と Labels の欄にそれぞれ次の項目を入力します。

Category 1

id Name
0 clothes

Labels

id Name
0 jeans
1 denim_skirt

Image Classification カテゴリ設定

入力後、 “次へ” を選択します。

項目 備考
プロジェクト名 ※任意の値 -
目標データ数 ※任意の値 -
1データあたりのアノテーション数 1 今回はクラス分類であるため
目標アノテーション数 - -
入力データ用 Datalakeチャネル 作成したデータレイクのチャンネルを選択 -

Image Classification プロジェクト設定

最後に入力した内容を確認して “保存する” を選択します。

Image Classification プロジェクト設定確認

アノテーション作業の実施

次に、先程作成したアノテーションプロジェクトの作業を行っていきます。

作成したプロジェクトの右上の歯車アイコンから作業画面をクリックします。

Image Classification カテゴリ設定

画面右に先程設定したカテゴリが表示されているので、該当するものをクリックして、画面下の “送信” を選択します。

Image Classification カテゴリ設定

結果をデータセットとして出力する

アノテーション結果を ABEJA Platform の データセット として出力すると、 そのまま学習用データとして使えるようになります。

管理用のサマリーページに移動します。

作成したプロジェクトの、右上のアイコンをクリックし “作業画面” をクリックします。

データセット書き出し

項目
データセット名 任意のデータセット名

“OK” をクリックすると、成功のメッセージが表示されます。

データセット書き出し先入力画面

作成されたデータセットを確認する

先程書き出ししたデータセットは ABEJA Platform の管理コンソールにて確認出来ます。

再びABEJA Platform の管理コンソールを開き、左部メニューの “Training > Datasets” をクリックします。 先ほど作成したデータセットが表示されるので、該当のデータセットの “Preview” のリンクをクリックします。

データセット一覧画面

先ほど作成されたデータセットが確認でき、また画面右の Labels から、該当するラベルが付与された画像のみを表示することも出来ます。

データセットプレビュー画面

次のモデルの学習では、今回作成したデータセットを使用してモデルの再学習を行います。